郡山市で新築・建替・リフォームなどの住まいに関する事なら渡昭にお任せ下さい!資金計画やライフプランの実施でで建てた後も安心に暮らせます。
まずは、お気軽にお問い合わせください。
0120-786-574 (なやむことなし)
受付時間:年中無休24時間受付
公開日:2015年10月20日

 この記事は約 2 分で読めます。

吹付け現場です。ここは、リフォームの現場で2階建ての2階部分を骨組みだけ残して大改装です。

IMG_2394かれこれ30年程経っているので構造材も結構暴れていて、これから修正しながら進めていきます。お客さんと断熱のお話をしていたところ断熱材の選定になりまして、リフォームですからグラスウールでもいいかもしてませが、ここならウレタン吹付できますからどうですか?その価値はありますよ。でも価格は、3倍以上になりますが・・・と説明したところやってみたいと言って頂きました。

換気は、1種換気を採用したかったのですがスペース等の問題で3種換気でお願いしました。快適さを追求するとまずは、ここです。いつもこの風景が好きでたまりません。

ウレタンにもいろいろ種類がありましてこのウレタンは、密度が高くカチカチに固まるウレタンなのです。熱伝導率も低いので、薄くしても断熱効果が高いと言えます。最近安いウレタン材を使用している事をよく聞きますが100倍発泡と言ってスポンジのように柔らかい素材で出来ています。決して悪い材料ではありませんが水分も含みますし空気も通すのでグラスウールとあまり変わらないと言われています。同じウレタン工法ですが、全く特性が違うのです。そのくらいいちおしの断熱材なのです。

10年前以上から採用しておりますが当初は、なかなか高価なため、受け入れてもらえず、使えない事が多かったのですが、最近、省エネ住宅の推奨で断熱材の性能が上がってきて断熱材のコストも上がってきたので以前よりは、差額が小さくなりつつあります。ですから、かけ離れた金額ではなく、ちょっと頑張ってもらえば使える時代になってきました。

今、施工中の新築住宅もウレタン吹付けの予定をしています。この素晴らしい断熱を沢山の方に見ていただいて採用していただけたら嬉しいなと思います。機会がありましたら是非見に来てください。

この記事の著者

渡昭建築企画
渡昭建築企画
記事一覧